ブリッジ

できるだけ削る量を減らし、
残っている歯へのダメージを最小限に抑える。

ブリッジ治療の特徴

ブリッジ治療は、歯が抜けてしまった箇所の両側に残っている歯を支えにして、人工歯を取りつける方法です。
もし既に支えにする歯に被せ物が入っていればそれを外してブリッジを取り付けることができますが、そうでなければ健康な歯を削らなければなりません。

当院のブリッジ治療の特徴

虫歯治療などを行う際は、できるだけ削る量を少なくするミニマルインターベンションの考え方に基づいて治療を進めていきますが、当院ではブリッジ治療の際も同じようにできるだけ健康な歯を削る量は少なくしています。
どうしてもブリッジ治療を受けたいが、できるだけ健康な歯へのダメージを抑えたいという方は、ご相談ください。

side_tel.png