歯を失われた方へ

「噛む」を取り戻し、
味わいのある人生を送って頂きたいと願っております。

できるだけ歯を失わないことが重要

しっかりと噛むことができるというのは、食事を美味しく楽しめるのはもちろん、自信や意欲を持つことにも繋がります。そのため、できればご自身の歯を保つようにして頂くのが一番だと考えています。しかし、実際には様々な理由で歯を失ってしまうこともあり、当院ではそういった患者さんに「噛む」ということを取り戻して頂くために、最善の治療を行っています。

歯を失う原因

歯周病

歯周病は、歯を支えている骨が溶けてしまう病気で、歯を失う原因の第1位になっています。高齢になればなるほど発症しやすいのですが、中には若年性歯周炎と言って30歳前後で既に顎の骨がなくなって歯を失ってしまう方もいます。

歯周病は細菌によって引き起こされる病気で、自覚症状がないまま進行していくため、気がついたときには既に手遅れということもあります。
そういった事態にならないよう、きちんと歯磨きをして、歯間ブラシなどのお手入れグッズも使ってお口の中をきれいにしておくようにしましょう。

虫歯

歯周病は歯の外で細菌が繁殖してしまう病気ですが、虫歯は歯の中で細菌が増え歯を溶かしていく病気です。昔は、虫歯になると歯を削って金属を詰める治療がほとんどでしたが、詰めた金属と歯の隙間に細菌が入り込むことによって、再度虫歯になってしまうということが多発しています。こうなってしまうと、次はさらに大きく歯を削る必要があるため、これを繰り返していくことで歯の寿命は縮まってしまいます。

当院では、こういったことが起きないよう、虫歯治療の際には型を取って詰めるのではなく、歯と一体となって接着する素材を使って削った歯を修復していきます。また、歯の神経や根管にまで進入した虫歯の治療を行う際は、ラバーダムと呼ばれる保護シートを装着する必要があるため、まずは歯の壁を作ってから治療を進めていくようにしています。安全な無菌状態で治療を行うことで、虫歯の再発を防止することができるのです。

外傷

スポーツ中の怪我や、日常生活の中で起きた事故によって、歯が折れたり抜けたりしてしまうこともあります。こういった場合は、早急に処置を行うことで再植できる可能性もありますので、抜けた歯を乾かさずにすぐにご来院ください。

歯を失ってしまったときの3つの治療

歯はお互いの力のバランスの上で成り立っているため、1本でも抜けてしまった状態でそのままにしていると、隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせていた歯が落ちてきたりすることになります。一度そうなってしまうと、矯正で治すのはとても大変です。
歯全体のバランスを崩さないためにも、もし歯を失うことがありましたら、すぐに治療を受けるようにしましょう。

なお、歯を失ってしまったときの治療法には、「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」の3つがあり、それぞれに特徴がありますので、よく知って頂き納得されたものをお選び頂ければと思います。

side_tel.png