インプラント

他の歯に負担をかけない。違和感がない。
だから、インプラント治療を選ぶ方が増えています。

インプラント治療とは

現在は、歯を失ってしまったときにインプラント治療を選ばれる方が増えています。それは、入れ歯はバネを他の歯に引っ掛ける、ブリッジは他の歯を削らなければならないといったデメリットがあるのに対して、インプラント治療は人工歯を顎の骨で支えるため他の歯に負担がかからないからです。
さらに、インプラント治療なら毎日取り外して洗浄する必要がありませんし、お口を開けたときに目立ってしまうこともありません。

もちろん「歯」以外の余分なものがお口の中で露出していないため、違和感もありません。快適に噛むことを追求される方には、インプラント治療がお勧めです。

インプラント治療の進め方

無料カウンセリング

まずはインプラントがどのような治療なのか、どのようなメリットやデメリットがあるのかといったことを説明させて頂きます。分からないことや不安なことがありましたら、何でも気軽にお聞き頂ければと思います。

矢印

検査

患者さんのお口の中の状態を診させて頂き、CT画像検査によって顎の骨に十分な高さと厚みがあるのかどうかを確認します。

矢印

治療計画作成

治療の進め方や期間、そして費用などについて患者さんと話し合い、どのようにインプラント治療を行うのかを、双方の納得のいく形で決めていきます。

矢印

事前処置

インプラント治療を実施する前に、お口の中の環境を整える必要があります。もし、虫歯や歯周病があれば、この時点で治療を行います。

矢印

一次手術

インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込む手術を行います。麻酔をした状態で行いますのでもちろん痛みはありませんし、ご希望される場合は静脈鎮静法によってリラックスした状態で治療を受けて頂くことも可能です。

矢印

(約2~3ヶ月、埋め込んだインプラントがしっかりと骨につくまで待ちます)

矢印

上部構造の取り付け

埋め込んだインプラントの上部に取り付ける人工歯を作成し、取り付けます。上部構造の作成期間中は、仮歯でお食事をして頂くことになります。

矢印

メンテナンス

治療直後の状態チェックや、定期的なメンテナンスを欠かさずに受けるようにしましょう。しっかりとお手入れをすることが、良い治療効果を長持ちさせることに繋がります。

当院のインプラント治療の特徴

安全性を再優先しています

当院は事前の検査をしっかりと実施して、安全にインプラント治療を行うようにしています。また、埋め込むインプラント(人工歯根)は、世界で最も長い歴史を持つインプラントメーカー「ノーベルバイオケア」のものを使用しており、実際に手術を行う歯科医師の技術の研鑽も欠かさないようにしています。

安心して治療を受けて頂けます

当院は、患者さんの身体の侵襲を最小限に留めるミニマルインターベンションの考え方を取り入れており、当然インプラントに関してもこの方針で治療を行っているため患者さんの身体に大きな負担をかけません。
また、ご希望される方には静脈鎮静法を行いますので、ウトウトしている間に一次手術を終えられます。

他院で断られた患者さんにも対応

インプラント(人工歯根)を埋め込むためには、顎の骨に十分な高さと厚みが必要です。
(安全性を守るため、全ての患者さんに必ずインプラント治療が可能というわけではありませんので、ご了承いただければ幸いです)

side_tel.png